スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
謹賀新年おめでとうございまする
明けましておめでとうございます。









今年はねずみ年やって~
ねず公か~

DSCN1545.jpg












なんか納得いかんな~

DSCN1546.jpg













確か、干支の動物を決めるのに、
ねずみは牛の鼻先に乗って楽して1着になったんだよな。
で、ネコはねずみに騙されて大会の開催の日を間違えてしまったんだよね。
それ以来ねずみの天敵になったとかどうとか








あけおめあけおめ~
能天気ポンちゃんと
悪さリックンの登場






DSCN1543.jpg













あけおめあけおめ~~~~~~

DSCN1549.jpg






この頃なんでも破壊派のスーまり子さん










スーまり子さん初めてのお正月


元旦


スーママのなんちゃって御節とお雑煮から始まり

DSCN1507.jpg









ジィジの家に新年のご挨拶。
お年玉い~~~~~ぱいもらって、






福笑いしちゃって

DSCN1514.jpg













2日

家族3人で氏神さんに初詣
今年もよろしくお願いします。






そして、新春恒例書初め大会に参加


DSCN1533.jpg






スーママの作品   



良妻賢母



危うくスーまり子に破壊されそうになる

DSCN1535.jpg








スーパパは何故か
スーまり子の名前をでかでかと書いたのでblog上は修正
なんちゃって6段の腕前が披露できず残念ね~~~~




DSCN1537.jpg










3日



寝正月を決め込む



DSCN1552.jpg









初めてのお正月、完璧やね。





皆様今年もよろしくお願いします。







0歳児もお年玉あるのか~と驚いた人はクリック
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村 猫ブログ アビシニアンへ
more…
スポンサーサイト
【2008/01/03 19:19】 思い出 | トラックバック(0) | コメント(5) |
最愛の別れ
いつになったら更新するんや
と、スーパパに背中を押されつつ
ページを開けてみました。



11月10日 愛犬ゴルが天に召された。

6-05-20_22-22~00.jpg




彼に出会ったのは、私が高校生の頃。
ずっと犬は飼わないと言っていた母親を説得して、
ペットはお金で買いたくないという持論を当時は持っており、
知り合いから譲ってもらった。
(その持論はあっと言う間に崩壊、ビビはローン)




コーギーと柴犬のMiXらしい。
狭いアパートの中で兄弟、両親など多頭飼いされていた為か、
訓練の甲斐も無く、牛骨を与えたところ野性に返り、
私や弟はあわや惨劇にあいかけた。



ある日足をひきずって歩くので慌てて病院にいったら、
指の間が少しかぶれていただけだった。
軟膏をもらって、お大事に。(獣医さん微笑)




ある日テーブルの上の豆大福6個が無くなっていた。
ある日食パンが半斤無くなっていた。
ある日生米がかじられていた。
母親は私達兄弟には内緒で、ゴルと肉まんを半分ずつにして食べていた。




河川敷をノーリードで散歩しても
尻尾がピョンと出ているのでどこにいるか一目瞭然だった。
他の犬と喧嘩になり、10㌔かついで猛ダッシュした。




ある日、首輪から抜けて脱走。
半日近く帰らず、もう駄目かと思ってたら、
河川敷のほうからヨタヨタ満足げな顔で帰ってきた。
くっつき虫いっぱいつけて。
いったいどこで遊んでたんや~。



琵琶湖の泳ぎに遊びに行ったら、水が怖くて、無理やり泳がせたら必死の形相で岸へ犬掻き。
ちゃんと沖と岸の方向はわかるもんやなと関心した。
流されてきたしぼんだボールで遊び、疲れたら穴を掘って寝る。
バーベキューの肉を盗む。




ほんまに、陽気でたいそう犬だったな。





晩年はヘルニアにより下半身不随と尿閉になり、車椅子と導尿をする生活だった。


20071202171336.jpg



あの、たいそう犬がよくがんばったな。
最期まで、何とか動こうとしていたな。





最期の日のお昼、とても暖かな小春日和だったので、
カートを押して散歩に行った。
これが最期かもしれないしな。

その晩は弟やスーパパが駆けつけ、私は実家に泊まった。
みんなに会った。
しっかりこっちを見ていた。




翌朝、息をひきとった。




その時間に、弟の夢にやってきて、
4つ足で立って、尻尾をビュンビュン振っていたらしい。
ゴル、立てるようになったん、よかったやん!!
弟は夢の中でゴルにそう話していたらしい。





ゴル
ゴル吉
ゴル左衛門
あほゴル

享年17歳


3番目の息子
お母さんはそう言っていた。





この溢れ出す思い出をどうしたらいいのかと
どうしたら、この悲しみが癒されるのかと思ったけれど、
きっと、別れはずっと悲しいもので、
でも、出会いはすばらしいものだから、
あなたに出会えたことを感謝しよう。






きっと天国で走り回って
食べまくって
他のワンコロと遊んでるよな。


ゴル。
ありがとうね。
おばあちゃんにヨロシク、こかしたり噛んだりしたらあかんで。
また会う日まで、さようなら。


さよならを言ってくれる人はクリック
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村 猫ブログ アビシニアンへ
【2007/12/02 17:55】 思い出 | トラックバック(0) | コメント(4) |
猫のお姉さん
 昔、それはまだ小学生の頃
近所にペルシャ猫を4,5匹飼っている
お姉さんがいた。
部屋の真ん中にゲージがあって
白、黒、グレーとかそんなペルシャ猫が
優雅にゆったり横たわっていた。

お姉さんは、たぶんいい年だったろうに独身で、腰まで髪が長くて、
仕事は行っているのかどうなのか昼は家にいて
そんなに美人じゃないけれど
なんだか不思議な雰囲気がした。

小学生の私は、別に猫がそんなに好きでもないけど、
おやつが目的でもないけれど、
なんか、その怪しい雰囲気に
毎日通っていた。
あの人は猫だったんじゃないかしら・・・・。

しかし、もうひとつ良く覚えてるのは
すご~~~く猫くさ~~~い家だったこと。
そして今や我が家もすっかり猫屋敷。
Fリーズの大口顧客になってしまった。

今日は朝からずっと雷が鳴っている。
雷が嫌いなビビはずっとおどおど。
雷が去ったらこのポーズ。

「おへそ取れるもんならとってみろ~」



DSCN0520.jpg

【2007/08/30 23:24】 思い出 | トラックバック(0) | コメント(1) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。